“天人相関”編 “その十”  活動電位に付いての私見

2009/03/15

前回、“細胞極性と細胞骨格に付いての私見”で述べたように、
原核生物から真核細胞を持つ生物は、
“上”の進化になればなるほど電気特性が多様になる。
当然それは、活動電位にも反映されます。

活動電位に付いては以下を御覧下さい。
(wikipediaからの引用です。)

活動電位(かつどうでんい、 action potential)は、
細胞が受ける、なんらかの刺激に応じて細胞膜に沿って流れる微弱な電位変化のこと。
(膜電位)
主としてナトリウムイオン、カリウムイオンのイオンチャネルを通した受動的拡散でそれらイオンの細胞内外の濃度差を変えることにより起きるものである。

活動電位は動物の本質的な必要条件であり、素早く組織間・内で情報を伝えることができる。また、動物のみならず、植物にも存在する。活動電位は様々な種類の細胞から生み出されるが、最も広範には神経系に於いて、神経細胞同士や、神経細胞から筋肉や腺などの他の体組織に情報を伝達するために使われる。

活動電位は全ての細胞で同じわけではなく、同じ種類の細胞でも細胞固体によって性質が異なることがある。例えば、筋肉は神経に次いで活動電位を発する組織として有名だが、中でも心筋活動電位は大抵の細胞間で大きく異なる。

上記の補足として、
膜電位(まくでんい; membrane potential)は、細胞の内外に存在する電位の差のこと。すべての細胞は細胞膜をはさんで細胞の中と外とでイオンの組成が異なっており、この電荷を持つイオンの分布の差が、電位の差をもたらす。通常、細胞内は細胞外に対して負(陰性)の電位にある。
神経細胞や筋細胞は、膜電位を素早く、動的に変化させる事により、生体の活動に大きく貢献している。そのため、膜電位とはこれらの細胞の専売特許であるかのように誤解される事も多い。しかし現実には、全ての細胞において膜内外のイオン組成は異なっており、膜電位は存在する。たとえばゾウリムシの繊毛の打つ方向の制御は膜電位の変化によって制御されている。また植物細胞において有名な例としては、オジギソウの小葉が触れる事により閉じるのも、オジギソウの細胞の膜電位の変化によるものである事が知られている。このように、膜電位(とその変化)は、単細胞生物や植物細胞にさえ存在する、生物共通の基本原理である。

例えばゾウリムシは、障害物に衝突した時、捕食性の生物に追われた時、化学物質を含んだ溶液に近付いた時、熱を感じた時、光を感じた時…これらはそのゾウリムシ自身の事象の観察行為であり、その観察行為による認識でゾウリムシの細胞に膜電位が生じたと言えます。
その膜電位はゾウリムシの繊毛運動を変化させ、泳ぎ方が変わります。
これは、事象の観察と認識による行動の変化と言い得る事です。

その際のゾウリムシの細胞を構成しているアミノ酸結晶の中の電流の流れ方を、
以下の図によって示します。


ゾウリムシ 日足と砌(ひたりとみぎり)



今まで述べてきた原核生物とその少し“上”の段階である原生動物は、
神経や筋肉を持っていない。
しかし、神経の様な働きや筋肉の様な組織の始まりはあります。
もうひとつ、
進化した生物が持つ高等な細胞としての神経細胞は、筋肉の細胞よりも活動電位が大きい。
そして筋肉の細胞として分類されている心筋は、他の筋肉に比べ相違がある事が知られています。
(いずれ…心筋に付いても私見を述べることとしますが、ちょっと先になりそうです)

神経の働きは言うまでもなく、
現津(あきつ)=観察され得る事象の観察と、
認識であり、
それは肉体内での情報のやり取りにも反映し、その刺激に応じた肉体の作り変えと、心(靈)の発現に関わってきます。(“気血栄衛(營)”)
筋肉の働きは、
現津(あきつ)=観察され得る事象の中での、
自分の思い(心、靈、の四つの場(フィールド)、大脳の新皮質)の発振、発信が、
行動に顕れる…その際に筋肉を使います。
(筋肉を使って行動する事自体が、肉体内の生体内電流の増幅になって行きますが、
この事は後々説明します)

従って、
下等な生物にも、高等な生物にも、そして植物にも観られる活動電位は、
感覚の始まりであり、感じ(感じる磁性)る事の始まりでもあり、
それは又、事象の観察によるものであり、
それによりおきた活動電位の変化は、認識(悟り、幸取=さとり)の始まりであり、
又、細胞が電位を持っている事自体が、
感じる事と行動する事になりますから、
“思惑と顕現”(“亜”“ア”から“出づる、泉、”“イ”=愛(炁))という意味を持つと、解釈しています。

次回は、原生動物より少し“上”の進化に付いて、私見を述べます。

“天人相関”編 “その九”  細胞極性と細胞骨格に付いての私見

2009/03/01

細胞自体が持つ電気特性と、遺伝子が持つ電気特性は、
生物個体が受ける荷電粒子の影響と、
生物個体内の電界と磁界が、アミノ酸の合成をして蛋白質を構築する。
そして、すべての生物にはアミノ酸で構成された蛋白質があり、
又、蛋白質の構築のされ方による電気特性があります。
その電気特性で生じているのが、
細胞極性と細胞骨格だという私見を持っています。

少し前まで、原核生物には細胞骨格や細胞極性が無いとされてきました。
しかし、最近、原核生物にも真核細胞に比較すると単純ではありますが、細胞骨格が在る事が発見されました。
これは,
“天人相関”編 “その七” 進化し始めた生物の遺伝子の電気特性の違い
で述べたように、
原核生物より進化した真核細胞を持つ生物は、原核生物より多様な電気特性を持ち、
それは、
細胞核が持つ(縦の)電気特性と、
その個体の大きさによる電気容量とによるものだと思われます。
生物の進化過程を観れば、
原核生物が最小のもので、その少し“上”の進化の原生動物は、
単細胞生物という点では原核生物と共通ですが、
生物の個体そのものが小さいならば、
その生物の持つ電気容量は小さく、その個体が持ちうる電気容量が小さければ、
当然、
小さい個体が発生する電気特性は小さいし、単純でもある。
又、その個体外から受ける荷電粒子の影響による電磁誘導も小さい。
従って、原核生物は、
真核細胞を持つ生物よりも、細胞骨格や細胞極性が発現し難いと思います。
それは同時に、進化過程の“上”と“下”、
下等生物より高等生物の方が、
たくさんの電気特性を持つ事と同義です。

細胞極性と細胞骨格に付いては、以下を御覧下さい。
(wikipediaからの引用です。)

細胞極性(さいぼうきょくせい)とは、
細胞がもつ空間的な極性の総称である。細胞膜や細胞内の成分は、細胞内に均一に分布しているわけではなく、ある偏りをもって存在しており、これらによって極性が生じる。
極性は細胞の空間的な制御において重要な役割をもつ。例えば上皮細胞やニューロンなどは厳密な極性を持っており、これは細胞が正常に働くために必須の性質である。また、球状のリンパ球、あるいは不規則に見える繊維芽細胞でも、移動や活性化の際には細胞の形が変化し、細胞内成分および細胞膜成分の再配置を伴う変化を起こし、極性を持つようになる。複数の細胞から構成された多細胞生物だけでなく、単一の細胞からなる単細胞生物や卵においても見られる。

細胞骨格(さいぼうこっかく)(英:cytoskeleton (CSK とも表記する))とは、細胞質内に存在し、細胞の形態を維持し、また細胞内外の運動に必要な物理的力を発生させる細胞内の繊維状構造。細胞内での各種膜系の変形・移動と細胞小器官の配置、また、細胞分裂、筋収縮、繊毛運動などの際に起こる細胞自身の変形を行う重要な細胞小器官。
細胞骨格はすべての細胞に存在する。かつては真核生物に特有の構造だと考えられていたが、最近の研究により原核生物の細胞骨格の存在が確かめられた。


…ここまで、進化過程が下等な単細胞生物を取り上げてきていますが、
高等な生物(例えば人間)の肉体の電気特性(高等な心(靈)の発現や、受信と発振、発信、そしてオーラ、さらに霊的干渉)を知っていくには、
下等な生物の構成が単純な肉体を観て理解して行く。
又、それは、心(靈)の発現が下等でもあり、単純でもある下等生物から観ると解り易い。

そしてそれは、すべての生物は、すべての生命(生きる使命=存在理由)は、
神の“思惑の顕現”=現象化であり、すべてに共通する法則性があるという事に付いて、
私見を述べており、心=靈は、荷電粒子の場(フィールド)であり、その場(フィールド)を構築して行くのは、肉体の磁性であると言う私見を説明する為でもあります。
(このブログの趣旨に付いて質問をいただきましたので、ここでお答えしておきます)

更に、心=靈、これに対する私見は、
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 思惑と顕現“その十一” “上”の思惑の顕現…“天の御目”を、御覧下さい。

次回は、活動電位に付いて私見を述べます。