“天人相関”編 “その十七” “臓腑”の発現と神経の発生の関与

2009/08/15

前回、前々回と“口からとり込んだ異物=捕食による電磁誘導も左右対称になる。”と説明しましたが、これはあくまでも“腑”の発生に於いての電磁誘導で、それに相対し、一個体内の電磁誘導は、左右対称ではない側面があります。
それは、多核の細胞が持つ磁性の極性が(多核の細胞が持つ極性が、磁極性の性質で、直列に近い形でつながることにより)一個体内の中心の磁性と交差しつつ貫いているからだと思われます。
多核の細胞が持つ磁極性と“腑”の中で起きる電磁誘導が新たなアミノ酸結晶化を引き起こし、それは、“臓”になっていく。そしてその“臓”は、細胞実質で満たされ、“腑”とは違う電気特性を持ちます。
この説明を簡単に言い直せば、捕食による電磁誘導→“腑”の発生→“臓”の発生…そして今回述べたいのは、“腑”と“臓”はコンデンサーの構造があり、捕食による電磁誘導で発生したその振動は、一個体内の中心に送られ、一個体内の上から下に貫かれる磁束に対し、鎖交磁束になる。
以下、画像で示します。

“臓腑”が発生し始めた下等生物内の電磁誘導


この、“腑”から“臓”そして一個体内の中心の磁束までの生体内電流の経路は、“腑”とも“臓”とも違う段階のアミノ酸結晶を引き起こす。
それは、“腑”と“臓”をコンデンサーと見做し(みなし)たなら、コンデンサーを多数つなげば、そこを通る電流の性質は、変化していきます。
(それ以前に、“腑”と“臓”は、多細胞なので、多数の極性を持ち、何重ものコンデンサーがつながった形をとっていますので、今回の画像は、単純なものにしてあります)
また、コンデンサーやコイルは、特定の周波数しか通らない性質を持つ。
コンデンサーは、電気を溜める性質を持っており、交流電流は通すが直流は通さない性質がある。そして、コンデンサとコイルは、周波数特性を持っており、高周波電流は伝えやすく、直流に近い低周波は伝えにくい性質があります。
そしてそれは、一個体内の中心の磁束に到達する。中心の磁束に達した電流は、捕食による電磁誘導で発生したそれとは、周波数が高いものになっている。
そのことが、神経の発現とその進化に関わっていると思われます。

次回も、“腑”“臓”“一個体内の中心磁束”…これらが引き起こしたと見られる、アミノ酸結晶化、たんぱく質の高分子化、それにより発生した高次組織について、私見を述べるつもりですが、私事、多忙のため、しばらく休載します。


Comment

管理者のみに表示