“天人相関”編 “その二十四” 脊椎動物の神経支配に左右の交差があり、“下”から“上”に“ねじれ”る理由。 “その一”

2010/05/15

前回説明した、“上”から“下”=“創造”の“主(ヌシ)”から太陽、人(日止、霊止)と地球への、一個体を貫く縦の磁束は、たんぱく質の高分子化の理由です。
今回は、なぜ高等な生物の神経が左右ねじれているのかについて私見を述べます。

無脊椎動物は、右脳が体の右側を、左脳が体の左側を支配していることは知られています。
(それに対し進化した脊椎動物である人(日止、霊止)では、右脳や左脳から末梢に向かう神経が、首の辺りで交差して、さらに頭部と体では、神経が左右が逆に繋がっています。 神経支配が脳と末梢では、左右交差=“ねじれ”ています)

生物が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)過程において、脊椎動物になっていく過程で、神経が左右交差=“ねじれ”ていくことが知られています。
(それはナメクジウオくらいから“上”の進化です)
これは言い換えれば、神経細胞が多くなる過程で神経がねじれていくともいえると思われます。

進化した生物は脳を持つのですが、下等な生物は脳が進化していないということは常識のように知られています。
生物学では、ある程度の神経細胞が集まり、体を動かしたり感覚を感じたり(行動と認識の始まり)に関与するようになる。その段階の神経細胞の集まりを神経節と分類しています。
神経節がもっと発達し、高度な生命の活動(高度な感覚(人(日止、霊止)においては色の認識など)、記憶、思考、高度の決定、例を挙げるときりが無い)に関与すると観察されるものは、脳と呼称しているようですが、神経節と脳の区切りというのははっきりした基準が無いようです。

本題に戻り、今まで述べてきたように、進化は、一個体の電気特性の変容であり、それは電気抵抗地の違う組織の発現により、進化した生物ほど、(Ca(カルシウム)P(リン)Mg(マグネシウム)K(カリウム) 微量のAl(アルミニウム)Fe(鉄)Zn(亜鉛)Si(珪素)Na(ナトリウム)それらの化合物)を持つようになり、だから電気抵抗値の違う組織が発現した=神経ができた。
前回説明した“上”からの荷電粒子の影響と、一個体がもつ“上”から“下”を貫く磁束で、物質である肉体の電気抵抗値の違う組織は、電気抵抗値の違いによるからこそ、キラル (chiral)な分子になりうると考えられ、だからこそ脊椎動物の神経支配は左右交差=“ねじれ”ている。
そして無脊椎動物が進化した外骨格の生物(昆虫や甲殻類など)は、“上”からの荷電粒子の影響を、外骨格だからこそ=体表の表面に電気抵抗値の小さい組織を持っているからこそ、肉体の中心の磁束の強化にならず、神経はねじれないとの私見を持っています。

次回も、進化した生物に観られる“ねじれ”について私見を述べることとします。
Comment

管理者のみに表示